借地権相続上の留意点


借地権は、遺産分割協議の対象ともなり得る相続することができる権利に該当します。借地契約をした人が死亡した場合は、借地契約内容がそのまま引き継がれることになり、そのことについて土地の所有者に承諾を受ける必要はありません。例えば、一戸建ての住宅を借地契約を交わして建てた父親が亡くなり、それを相続する息子が離れた所に住んでいても借地権を相続することができます。建物の所有権は父親名義となっているため、息子が相続するためには、相続登記により、新たに借地権者の名義変更をしておく必要があります。土地の賃貸借契約の内容はそのまま生きていますが、その後のさまざまなトラブルを避けるためには、相続した息子の名義で土地の所有者と再度契約書を交わしておいたほうがいいでしょう。

借地権の相続でトラブルが生じる例として、賃貸借契約書のなかに、「借地権者が亡くなった場合は地主に更地返還する」などという事項が盛り込まれている場合などがあります。地主と直接交渉する必要がありますが、この事項のために話の折り合いがつかない場合もあるため、そのような際には弁護士などの専門家へ相談することをおすすめします。借地権の建物登記が漏れていたり、父親が地主と賃貸借契約書を交わしていなかったりする場合には、借地権の存在自体を主張することが難しい場合もあります。